正しいソリューションの探求

十分な副収入を得たいと考えている人に、十分な情報をシェアしていくサイトです。

画像の説明文

自然とお金を稼げるようになる方法

どうも、牧田です。

 

非常にためになった動画があったので、それをシェアしようと思います。

 

動画の内容をまとめると、、、

 

・人間には"記憶"を頼りに行動するという特性がある

・稼げない人は、稼げない記憶を持っている

・稼げる人は、稼げる記憶を持っている

・稼げないという現実は、"潜在意識"によって勝手に作り出されている

・お金を生み出すための記憶とは?

・稼げる記憶の定着こそが大切

・付き合う人を選ぶべき理由とは?

・成功する人が持っている確信とは?

・人間の脳波は物理的空間を飛び越える

 

 

動画はこちら→お金が自然と稼げるようになる方法

 

爆発的な行動力を強引に生み出す方法

どうも、牧田です。

 
失敗の期間をあえて設けると爆発的な行動力が生み出されます。
 
 
例えば、、、
 
 
・とりあえず3カ月は失敗の期間に当てる
・3ヶ月は失敗してもいいので、気分が楽
・楽だからどんどんチャレンジできる
・チャレンジして失敗が増える
・だんだんと失敗の共通点が見えてくる
・だんだんと失敗の本質が見えてくる
・失敗しないように行動できるようになる
・結果、うまくいくようになる
 
 
多くの人は失敗をネガティヴに捉えがちですが、失敗の期間を設けると失敗自体がポジティブなものに変わります。
 
 
失敗→ポジティブ
 
 
人生は、どれだけポジティブなもので埋め尽くすかが勝負なので、あなたが失敗をポジティブに変えられるようになるということは、人生の質を上げる上で効力バツグンです。
 
 
実はぼく、失敗の期間を設定したことがありません。笑
 
 
今ふと、思い浮かんだので記事にしてみました。
 
 
でも、こうやって書いてみて思ったのですが、失敗の期間を実際に設定したら、行動力が爆発的に上がるよなーと。。
 
 
というのも、、、
 
多くの人は1発で成功しようとするので行動にブレーキがかかります。ブレーキがかかると失敗のデータがなかなか集まりません。しかし、自分で失敗する期間をあえて決めれば、そのブレーキは外れます。
 
当然、ブレーキが外れると大量に失敗する。
 
 
すると失敗によるデータが大量に蓄積されますよね。
 
 失敗のデータは成功するために大変だった貴重です。
 
 
失敗のデータが少ない場合と多い場合。
 
 
どちらが成功しやすいかは明らかですよね。
 
 
 
ちなみに、僕らが普段頼りにする多くの教材・ノウハウというのは、失敗を避けて成功するためのものです。
 
 
成功方法が示されており、失敗のデータが示されていない教材・ノウハウが大多数です。
 
 
なので、たとえ教材・ノウハウで成功したとしても長くは続かないでしょう。失敗するパターンを身にしみて知らないので、成功の道から崩れ落ちやすい。
 
 
成功法則だけ知っていても意味がないんですね。
 
 
正しいマナーを知るのも大事ですが、何がマナー違反なのかを知るのも大事ということです。

 
だからあなたが尽力すべきは、成功したいことじゃなくて、無数に失敗しても良いと思えること。
 
 
無数の失敗を許せる夢です。
 
 
以下ではありません。
 
 
成功できるならミュージャンになりたい。
成功できるならコックさんになりたい。
成功できるなら野球選手になりたい。
 
 
そうじゃなくて、どれだけ失敗しても良いと思えることを選んでください。
 
 
僕は学生時代に8年間バスケをやっていましたでしたが、無数の失敗を通じてNBA選手になりたいと一度も思ったことはありません。笑
 
 
僕らは無数の失敗を許せる夢を追っていきましょう。
 
 
でないとライバルに負けますよね?
 
 
だって、世の中は弱肉強食で、何でもライバルは存在するし、無数の失敗を許せる人とそうでない人が同じ土俵で戦うのはポテンシャルが大きくちがいすぎますからね。
 
 
で、、、
 
 
そういった無数に失敗しても良いと思える夢ってどうやって見つけるのか?
 
 
といったら、まあ見つかりませんよね。
 
 
だって大半の人は、浅い意識で描いた夢を追っているので。
 
 
浅い意識から来た夢というのは、思いつきのような夢です。
 
 
でも本当に持つべき夢というのは無数の失敗を乗り越えられるほどの夢なので、自分の深い意識に入り込まなければ見つければなりません。
 
 
では、深い意識に入るには?
 
 
というと、その一つは瞑想です。(とくに、大自然の中ですると効果的)
 
 
普段はネットやビルの広告、人の群れの会話など、外部から大量の情報が入ってきます。
 
 
その情報は、あなたの脳内に入り込み、浅い意識の中で作用します。
 
 ノイズです。
 
ノイズがあると自分の本当の心の声など聞けません。
 
 
ですから、そういったノイズを除去するために静かな所や大自然の中で瞑想をし、本当の夢を見つけるわけです。
 
 
もっとも、一回で瞑想をしたら見つけられるかというとそうではありません。
 
 
自分で自分の深い意識の中に入りこむのは、海中で深く潜るのと同じで、練習が必要ですので。
 
 
結局、本当の夢を見つけるのは時間がかかりますが、そうやって見つけた本当の夢、無数の失敗を許せる夢というのは、まずまず成功するでしょう。
 
 
だって、無数の失敗を乗り越えられるのですから。成功しないわけないですよね。
 
 
どんどん話が飛躍していきましたが、こういった話もたまにはいいですよね。
 
 
今日はこの辺で。
 
 
PS.無数の夢を見つけるのは時間がかかりますし、一気に路線変更するのは厳しいので、今やっていることと同時並行で進めると良いです。1日に10分でもいいので瞑想の時間をとりって夢発見の時間を確保し、目の前のことについてはとりあえず失敗の期間を設定して、爆発的に行動力を上げてみてください。僕も設定します。笑

強い人が成功するのは今も変わらない

どうも、牧田です。

 

我々は、スーパーサイヤ人になれば成功します。

 

なぜなら、スーパーサイヤ人は強いから。

 

この世は弱肉強食の世界ですから、当然弱い人は負け、強い人が成功します。

 

 

実際のところ、

情報弱者は情報強者に論破されますし、

人脈が弱い人は人脈が強い人に圧倒されることがあります。

 

 

他にも、

文章力が弱い人は読み流され、

文章力が強い人は注目されて人々を巻き込んでいきます。

 

 

 

そう、成功は強くなることで手に入ります。

 

 

 

昔からそうです。

 

原始時代。

 

生きて繁栄することが成功とされていた原始時代はどうでしょう?

 

 

 

 

筋力や反射能力が強ければ、

 獲物をゲットすることができて餓死しなくてすみますよね。

 

生きて成功します。

 

 

さらに危機察知能力が強ければどうでしょう?

 

強いものから逃げることができますよね。

 

これも生きて成功します。

 

 

 

ですから昔は、強くなることで成功できたのです。

 

 

 

 

ですが、強い人が成功するのは今も変わりません。

 

 

 

冒頭にも示しましたが、

 

情弱は情強に負け、

人脈弱者は人脈強者に圧倒され、

能力弱者は能力強者に巻き込まれます。

 

 

 

弱者は成功できず、強者が成功します。

 

 

だからこそ我々は、常に成長なければならないのです。

 

 

スキルアップすることで、他人よりも強くなる意志を持たなければなりません。

でないと、敗北してしまいますからね。

 

↓↓↓ 参考リンク:「稼ぐためのスキルアップとは?」↓↓↓

azumaushi.hatenablog.com

 

 

 

今世紀の、スーパーサイヤ人を目指しましょう。

 

では。

稼ぐ土台は揃っている

どうも、牧田です。

 

 

もしもあなたが「自分で稼げるスキルをつけよう」と決意されているのなら、間違いないでしょう。

 

 

なぜなら今の時代、"個人が稼ぐための土台"ができてますから。

我々が稼ぐためのインフラは十分整っているのです。

 

 

例えば、、、

集客をするにはインターネット上のブログ・メルマガ・LINE@が使えますし、個人の名前をブランディングしていくには電子書籍を発行したり、ポッドキャストの音声配信でオフィシャルなイメージをつけることができます。

 

(実は、電子書籍ポッドキャストブランディングに使えるだけでなく、直接的な集客にもなりますが、詳しく説明すると本題からそれますので割愛します)

 

つまり、ネット上の媒体で集客・ブランディングがかなりしやすくなったということです。

 

 

さらに言うと、商品を用意する必要さえありません。

 

 

アフィリエイトという方法であれば、あなたは"誰かが販売している商品"をお客さんに紹介してあげるだけで収入を得られます。

 

 

アフィリエイトだと、商品が不要なのです。他人の商品を紹介するだけなので。。

 

ブログでお客さんを呼んで、アフィリエイト用のリンクから商品を買ってもらうことができれば報酬が入ります。

 

しかも今の時代、商品は物でなくても"情報"を販売することで収入を得ることができます。

 

 

情報販売です。

 

 

情報を販売するってなんか怪しい・・・と思う人のために言っておくと、情報販売そのものには、なんら問題はありません。

 

 

なぜかというと、"ビジネスとは価値の対価としてお金をもらうもの"だからです。

 

 

実際我々は、お金を払って価値を受け取っています。

 

 

例えば、、、

食べ物を買うのは我々が生きるための価値ですし、

インターネット料金を支払うのは、パソコンを通して情報を得ることが価値ですよね。

また、ちょっとお値段が高めの喫茶店に行くのは、静かな空間というのが価値でしょう。

 

 

我々は、こうやって価値を受け取るためにお金を支払っています。

 

 

そして情報もまた、価値を提供するもの。

 

 

具体的には、、、

会員制のお料理上達クラブを作ったり、

経営コンサルタントが経営者にアドバイスしたり、

最強に健康になるための有料メルマガを発行したり、

 

 

これらは、情報を提供することで価値を提供しています。

 

 

ですから、物販もビジネスといえますが、情報販売も立派なビジネスです。

 

 

先ほど言っていたアフィリエイトでなくても、自分で特定の人のためになる情報を提供できるのであれば、それはそのまま情報販売というビジネスにできます。

 

 

 

さて、、、

 

 

簡単にまとめると、集客・ブランディング・商品の用意。

 

 

冒頭でも伝えましたが、我々が稼ぐためのインフラは十分に整っています。(言い忘れましたが、決済だってpaypalを使えば簡単にできます)

 

 

これまでは集客するために地上にお店を出す必要がありました。

これまではブランディングするためにテレビに取り上げてもらったり、広告を出す必要がありました。

これまでは商品を用意するためにものを作る必要がありました。

 

 

そう考えると、すごく簡単になったというわけです。

 

 

地球に生まれてよかったーー!!!

 

 

と言いたくなるほど簡単になったんですよね。(古い?)

 

 

 

さっきから僕は簡単簡単といってますが、一方で簡単でない人もいます。

 

 

それは、続けられない人や、作業を怠ける人や、ノウハウに素直に従えない人。

 

 

こういった惰性に流れる人は、どんなに簡単なことでもできません。

 

 

アフィリエイトをするにしても、、、

ブログで記事を作り続けられなければ話になりませんし、

月に1回しか投稿できないなら稼げるまで相当時間がかかります。

稼げる教材を買ってもノウハウ通りできないならば稼げません。

 

 

つまり、大半の人は稼げるインフラに甘えているのです。だから稼げる人がいる一方で、稼げない人もいる。

 

 

集客・ブランディング・商品の用意・決済が簡単になったからこそ、甘えないようにしましょうね。

 

 

甘えは不可能を不可能のままにします。

 

 

「自転車に乗れるようになりたいけど、コケたくない」

 

そう言っていては自転車に乗れるようにはならないのです。

 

 

継続して頑張れるから不可能が可能になる。

 

 

ということを覚えておいてください。

 

 

継続できないときは僕にもありますが、

自分の目的を紙に張り出したり、毎日見るようにしたり、

ネガティブにならないような習慣を取り入れたり、

新しい情報に惑わされない考え方を学んだりと、

 

 

継続するためにやれることはいろいろありますよ。

 

 

PS.オックスフォード大学のとある教授の論文による、"今の仕事の半分以上がコンピューターに取って代わられる"という話は有名ですが、それを加味しても、やはり個人で稼ぐスキルはつけておいたが良いでしょう。

意外な悩みの解消法とは?

どうも、牧田です。

 

2016年10月。

 

厚生労働省は、"自殺に関する調査"をしたそうです。

 

全国20歳以上の男女3000人を対象にアンケートを取ったそうなのですが、その結果、、、

 

「本気で自殺したいと考えたことがある」

 

と答えた人が23.6%いたそうです。

 

だいたい4人に1人は"自殺志願"をしたことがあるという結果ですね。

 

あなたはこの結果を聞いてどう思いますか?

 

多い、、、と思いませんか?

 

不思議ですよね。 

 

日本は世界的にみて安全な国だと言われます。

 

それくらい生命の危機が無い国であるのに、4人に1人が自殺志願するというのは、何か生きづらい理由があるのでしょう。

 

我々は、その生きづらさの原因を知ることで人生を豊かにしていくことができます。

 

生きづらさ=ネガティブ

 

我々の体内からネガティブを排除しましょう。

 

すると、自然とポジティブな人間になっていきます。ポジティブな人間とは、成功体質そのものですので、我々が目指すべき対象となります。

 

 

今回の記事で生きづらさの原因を探っていきましょう。

 

そして目指していきましょう。成功体質を。

 

 

さあ、安全な日本という国を自殺志願者たっぷりの国にしてしまう、生きづらさの原因とは何でしょうか?

 

 

なぜ我々は、生きづらいと感じるのでしょうか?

 

 

まず具体例を出しましょうか。

 

 

例えば、

 

言いたいことが言えない。

頑張ったのに報われない。

人に厳しい目で見られる。

 

こんな時、我々は生きづらいと感じるのではないでしょうか?

 

とすれば、こういった"自己表現の悩み"や"人に承認されない悩み"が生きづらさを生みます。

 

つまり、生きづらさの理由とは、強烈な悩みの存在によって生まれます。

 

ですよね?

 

強烈な悩みによって我々は悩まされ、生きていくのがだんだんは辛くなってきます。

 

では我々が持つ、強烈な悩みとは何でしょうか?

 

それが以下の4つ。

 

ーーーーーーーーーーーーー

1:お金の悩み

2:時間の悩み

3:健康の悩み

4:人間関係の悩み

ーーーーーーーーーーーーー

 

これらの4つの悩みにより、我々は生きづらいと感じているでしょう。

 

 

しかし大事なのはここからで、これら4つの悩みは、複雑に絡み合っています。

 

「相互作用を起こしている」のです。

 

一つの悩みが深くなると、他の悩みも深くなったり、一つの悩みが浅くなると、他の悩みも浅くなったりします。

 

まさに鎖。

 

悩み同士は鎖のようにつながっているのです。

 

例えば、お金の悩みが解消されると同時に健康の悩みも解消され、さらにお金の悩みが解消される。

 

といったようなことが実際に起きます。

 

例えば、こういった流れ。。

 

お金の悩みが解消→健康の悩みが解消→お金の悩みがさらに解消→人間関係の悩みが解消

 

もっと具体的にすると、

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

少しお金が入ってくる→健康に良いものを毎日食べられる→精神状態が良くなる→思考が研ぎ澄まされる→良い思考になる→良いコンテンツを作れるようになる→コンテンツがたくさん売れる→お金が増えていく→気分が良くなってくる→自信も出てくるし、自分も他人もポジティブに捉えられるようになる→人間関係が良くなる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

わかりますか?

 

こういった具合に、まるで悩み同士がシーソーのように相互作用を起こしているのです。

 

ですから、特定の悩みを解消すると他の悩みも解消される。

 

ということが意外にもありうるのです。

 

 

 

うーん、、もう一つ例を出しましょうか。

 

そうですね。"彼女と別れそうだ"という悩みにしましょう。

 

あなたが彼女と、"破局寸前の悩み"を抱えていたとしますね。

 

あなたは今にも彼女と別れそうです。

 

こういったコミュニケーションに近い悩みは一見、人間関係の悩みに入ると思いますが、お金の悩み、時間の悩み、健康の悩みと深く関わっています。(例えが例えなので当たり前のように聞こえますね。笑)

 

一般的に、彼女とうまくいくようにするためには、コミュニケーションの改善をしようとするのが普通でしょう。

 

しかし、解決方法は他にもあります。

 

悩みの連鎖を理解していれば、ソリューションがたくさん見つかるのです。(重要)

 

 

例えば、、、

 

お金の悩みを解決すれば彼女を満足させるために好きなところに出かけることもできますし、時間の悩みを解決すれば、もっと2人だけの時間を確保することができます。健康の悩みを解決すれば、夜の営みも満足度が上がるかもしれませんよね。

 

すると、破局を打破できる可能性は高まっていくでしょう。

 

破局の原因は、言い換えると"そばに居たくない原因"です。その原因を解決する方法は一つではないのです。

 

我々は、"1方向でしか"物事を捉えられない時があります。

 

そんなとき大抵、解決できずにモヤモヤとしたわだかまりとして悩みが残ります。その残った悩みが他の悩みも同時に深くしていく原因となります。

 

一つの悩みがスパイラルを作っていくのです。

 

排水溝が詰まる→水が溜まる→腐る→虫がわく

 

というように、一つの出来事は連鎖していきます。

 

だからこそ我々は、日常に潜む悩みを一つ一つ、忘れずに排除していかなければなりません。

 

ですよね?

 

行き詰まった時はものの見方を変える。

 

これを"パラダイムシフト"と言ったりしますが、このパラダイムシフトが大切なのです。

 

 

我々の今抱えている悩みは何でしょう?

 

 

 

お金で悩んでいる以前に、健康状態が悪いせいで、正しく思考できない状態にいるかもしれません。

 

正しく思考できなければ、やはりお金を稼ぐということは難しいでしょう。

 

また、健康で悩んでいる以前に時間管理ができていないことが原因かもしれません。

 

食事の時間をコントロールできないのであれば、健康を維持するのは難しいでしょう。

 

 

 

まずは、悩みを解決するためには"多方面的なアプローチ"が可能だということを覚えておいてください。

 

我々は、"多方面的なアプローチ"によって悩みの連鎖から抜け出すことができます。

 

では。

 

PS.悩みの相互作用を理解すると、次に重要になってくるのは、ボトルネックの概念です。それについてはまた別の機会に。気に入ってくれた方は是非、LINE@に。3日に1回くらいの頻度で為になる情報流してます。

集中力を上げる習慣

どうも、牧田です。

 

僕はネットで情報収集をすることがありますが、きっとあなたもしますよね?

 

残念なことにネットを使用している人の大半は、集中力がありません。

 

無駄に1つのことに時間をかけてしまいます。

 

特にネットを使う今であれば、ものの1分で携帯やパソコンを通して大量の情報を脳内にインプットすることができてしまいます。

 

大量の情報は、集中力低下の原因となります。

 

パソコンに例えるとよくわかるのですが、

 

大量の情報をインプットした我々の脳は、ウイルスに感染したパソコンと同じで、情報処理速度が一気に低下してしまいます。

 

パソコンが動かない・・・

 

という経験がきっとあなたにもある通り、情報処理速度が遅いと仕事が進みません。

 

でも、直すこともできます。

 

ウイルスバスターでウイルスを消滅したり、再起動してパソコンを休ませたりすると、処理速度が早まります。

 

我々もパソコンと同じ。

 

脳が動かない・・・

 

とはなりませんが、大量の情報をインプットすると、我々の集中力は低下します。

 

だからこそ今は、脳をスリープモードにするためのマインドフルネスや瞑想が流行っているのです。(本屋の自己啓発的なコーナーに行くとたくさんありますよね)

 

瞑想をしてみても良いのですが、僕がオススメするのは、朝のジョギングです。理由は、脳内でβエンドルフィンが出るから。

 

豆知識ですが、

 

βエンドルフィンは神経伝達物質なので、脳の情報伝達を活発にしてくれます。なのでβエンドルフィンは我々の集中力を上げてくれます。

 

βエンドルフィンの良いところは、バランス良く能力を向上させてくれるところです。

 

集中力、思考力、記憶力、創造力。

 

βエンドルフィンは、シナプスの神経伝達を助けます。ということは、すべての機能が発達するといっても過言ではないかもしれません。

 

つまるところ、朝のジョギングはあなたの能力を開花してくれます。(しかもバランス良く)

 

この記事を見て、ジョギングを実際に習慣にしていく人はごくわずかだと思いますが、やってみればかなりの恩恵を受けることと思います。

 

朝のジョギング。

 

かなり良いので習慣にしてみてください。

 

PS.僕の確認のために情報を整理していますが、ほかの人にとっても役立つと思うので、LINE@にて情報を発信しています。よかったら登録してみてください。

画面の先には人がいる

どうも、牧田です。

 

 

今日は、ネット上でコピーを書いている人が忘れがちな話をします。

 

 

僕は仕事柄、コピーを書くことが多いのですが、書いたコピーを音読してみることがあります。

 

 

音読は、不自然な部分を浮き彫りにするからです。

 

 

不自然な文章って読みにくいし理解しづらいので、僕は音読してよく確かめるのです。

 

 

逆に、音読せずに頭の中で読むだけだと勝手に読み飛ばしたりしてしまうので、不自然さが浮き彫りになりません。

 

 

ですから僕は、コピーの確認をするときは音読を勧めます。ちなみに音読は、どんな文章校正ツールよりも最強です。話の流れだったり、言葉のつまずき、そういった歯切れの悪さのようなものをハッキリと認識させてくれるので。

 

 

しっかり校正すると良いですよ。

 

 

逆に校正がないコピーというのは、かなり不自然なので、人に直接話せたものではありませんし、ハッキリ言って、会話っぽくないコピーならば、書かないほうが良いです。

 

 

会話と文面では話が違うだろう。

 

 

という人もいるかと思いますが、僕の経験上、会話に近い文面であればあるほど、しっかりと読んでいる気がします。

 

 

我々がビジネスをするのであれば、コピーを書くのであれば、「ラブレターくらい本気で書け」とは言いませんが、それほどに人がいることを認識してネット上で文面を書くべきでしょうね。

 

 

特に、アフィリエイトをするためにサイトを作っている人なんかはネット越しに人がいることを忘れて自己満のような文面書いているのをよく見かけます。そのうち自分のコピーの拙さに気づいて改善されれば良いのですが、おそらく気付かない人もいるでしょう。

 

 

そのような画面越しに人を認識できない人は、残念ながら一人の世界で生き続けるだけでなく、稼ぐことすらままならないでしょうね。

 

 

画面の先には人がいる。

 

 

これを認識するには、自分が書いたコピーを音読するか、実際に画面の先にいる人間に会ってみることです。

 

 

あと、率直な意見をタニンから聞くことですかね。

 

 

僕は前にメルマガを発行していたのですが、その時、他人からアドバイスをもらっていました。

 

 

自分のメルマガを見て率直にどう思うか?

 

 

聞いてみたところ、「哲学のようでわかりづらい」と言われました。笑

 

 

それはそれで哲学好きな人が寄ってくるのですが、ターゲットにしているお客さんがそういうタイプではなかったので、改善することにしました。

 

 

そこで指摘されてやっと、「あ、やっぱりそう思っているのだな。直さないとな。」と思い、かなりマシになった方です。笑

 

 

やはり、自分がなんとなく思っているけど改善に至らないことは、他人にしっかりと指摘してもらわないとわからないこともあります。

 

 

ですから、他人からの文章的なアドバイスは三度の飯と同じくらい価値のあること。

 

 

まあ、他人からアドバイスをもらうというのは勇気がいることですし、怖いので、まずは音読をすることをお勧めします。笑

 

 

すると、人の認識力が上がりますし、あなたのコピーの威力は10倍くらい違ってくるのではないでしょうか?

 

f:id:azumaushi:20170318155309p:plain

画像の説明文