読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいソリューションの探求

十分な副収入を得たいと考えている人に、十分な情報をシェアしていくサイトです。

友だち追加

ライターのスタイル

 

文章書きたいって人は結構いますけど、コピーライターって言ってもいろいろありますよね。

 

f:id:azumaushi:20170305160046j:plain

 

 

CMのコピーみたいなイメージを植え付けるタイプのコピーとか、セールスするための大量の文字数を書くようなコピーとか、サイトに掲載する面白い興味のわきそうな文章を書くのとか。

 

 

イメージコピー。セールスコピー。コンテンツコピー。

 

 

ただ、素人が取り組みやすいのは自分の興味のあるコンテンツを作らせてもらうってことでしょうか。 であれば、ランサーズやクラウドワークスに登録すれば仕事はできますね。

 

 

 

案件を受注するってやつですね。

 

 

 

僕の場合、多汗症がコンプレックスなので、「多汗症」で検索して記事を書いていたこともあります。苦笑

(僕は今、そう言った仕事はしてませんが)

 

 

あなたもコンプレックスとか、逆に強みとかってありますよね。

 

 

とにかく、自分の興味あることを書いてみるといいと思います。 興味ないことを書こうとすると嫌になって苦手意識に変わってしまうので。

 

 

 

ちなみに文章を書くことを自分のビジネスとして展開していくという手もあります。 ビジネスと言っても今ではそんなに難しいことはなく、情報販売という形で自分の興味あることを教材にして売るような形です。

 

 

 

つまり、受注型でコピーを書くのではなく、自分のビジネスのためにコピーを書くということ。

 

 

 

 

調べてみるとわかりますが、ネット経由で集客したり、マーケティングしたり販売したり、っていうのは案外簡単にできるものです。

 

 

 

決済の仕方も、PayPalを使えば楽チンですし。

 

 

 

多くの人は20年程度生きていれば教材にするだけの意知識と経験は持っていると思うので、情報販売は基本、誰でもできると思っています。

 

 

 

なければ自分で情報を集めて綺麗にまとめることができれば販売するための情報は作れます。

 

 

なぜそれでいいのかというと、多くの人は、情報の洪水に飲まれているからです。最近はネットのおかげで良くも悪くも極端に情報の流通量が多くなっているので、情報を探すこと自体が困難です。ですから、お金を稼ぐ方法なり、趣味に関する情報なり、あなたが綺麗にまとめてサイト上で整理したり、PDFにしたり、電子書籍にすればオッケーなんですね。

 

 

ただ、自分でやると時間がかかるので、どう言った指導者をとるのかは考えるべきところかと。 ただ、良い指導者と悪い指導者を見分けるのは、ある程度情報が蓄積してこないとわかりません。

 

 

 

情報量が多ければ多いほど、直感みたいなものが鍛えられてきますので。

 

 

そう言った直感力があれば良き指導者は見つけられます。

 

 

 

が、初心者の方だとなかなかそうもいかないので、ある程度の失敗は必要です。が、それを未然に防ぐこともまた可能です。

 

 

 

それが、情報収集。

 

 

誰かのメルマガに登録して見るでもいいですし、自分でググって探すでもいいです。詳しそうな人のツイッターをフォローしてみてもいいでしょう。

 

 

するとあなたの情報量が増え、直感力が鍛えられ、良い決断をしやすくなります。

 

 

 

ネット上のお金稼ぎではやはり、「情報量が命」みたいなところはあると思います。

 

 

 

ですから、ネットビジネスで成功している人は、ある程度失敗したり、自分に合わない指導者を何回も持っていたりするのだと思います。

 

 

 

ちなみに僕のLINE@に登録すると、そう言った失敗を極力減らせますし、ある程度は情報に強くなるようになっています。

 

 

 

みんなが知らないような情報、今知っておくべき情報なども流してます。

 

 

 

情報に強くなれば良き指導者を取る確率も上がりますし、何より自分で考えて成功を掴み取ることができるようになります。(そこが一番ですかね。)

 

 

 

とりあえず、文章を書きたいのであれば、コピーライターしか道はない。 ということはないと思いますね。はい、いろいろあります。

友だち追加