読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいソリューションの探求

十分な副収入を得たいと考えている人に、十分な情報をシェアしていくサイトです。

画像の説明文

決めつける女

とある喫茶店での2人の会話。

 

A:「ちょっと聞いてよー、この前卒業旅行行く予定あったんだけどさ、大学生の友だちにドタキャンされたんだけどー↓↓」(解説:Aさんは専門学生であり、大学生の友人にドタキャンされたそうです、かわいそうに)

 

B:「え、まじかよ」(解説:共感してます)

 

A:「実はその前も大学生と遊んでたんだけど、平気で遅刻したり、振り回されたり、散々だったんだよね↓↓」(大学生という人間が嫌いになってきてます)

 

B:「大学生って時間にルーズだな」(解説:大学生ディスり始めました)

 

A:「ほんっとにね!!大学生とは価値観合わないなーって思った」(解説:キレてます)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

はい。

 

以上が喫茶店で行われていた会話です。

 

このAさんの大学生に対する怒り。

 

ごく自然ですよね。

 

友人が平気で遅刻して、それに怒りを感じているので。当たり前です。

 

なんですが、僕が残念に感じるのは、、、

 

たった数人の大学生の悪い印象により、大学生を敵にしてしまっているところです。

 

Aさんの思考の中はおそらく、

 

大学生=価値観が合わない

大学生=敵

 

という考えが組み込まれてしまっています。

 

これはまるで、包丁で手を切ってしまったが故、料理が嫌いになってしまうくらい残念なことだと思います。

 

これが逆だったらすごくいいんですよ。

 

大学生と遊んですごくためになったとか。いろんな話ししてくれるから面白いとか。

 

ポジティブなイメージがつくならいいんですよね。

 

大学生=良い人

大学生=味方

 

そんなイメージがつけば、専門学生は苦手意識を持つことなく、その後も大学生に対して気持ち良く接することができると思います。

 

ですが、Aさんは大学生=敵と決めつけてしまっている以上、大学生という肩書きを持っている人と気持ち良く接することは難しいでしょう。ネガティブな概念を打ち砕くくらいの大学生に出会わない限り。。

 

 

僕は時々、稼ぐための力をつける情報や、成功哲学、持つべき思考について情報発信しているのですが、その上で思ったことがあります。

 

それは、何事もうまくいっている人というのは

 

決断力はあるけども、決めつけはしないということです。

 

知り合いの大学生がカスだったからといって大学生はカスだと決めつけない。

 

最初に失敗したからといって、自分はできないなんて決めつけない。

 

僕は、そういった決めつけないマインドが人を成功させていると感じます。

 

残念ながら先ほどのAさんは大学生を敵と決めつけてしまいましたが、我々はそういった失敗による決めつけをせずに過ごしていくべきでしょう。

 

 

教訓:ファーストイメージが悪いからといって他も悪いと思わないこと。

 

でも、ファーストイメージが良かったら、他も良いと思うこと。笑

 

これが一つの成功マインドです。

 

では。

 

PS.もしも僕に興味を持っていただけたなら、LINE@で成功哲学や日々の気づき、稼いでいく力をつけるための話していますので、ぜひ、ご登録を。Web起業講座を特典としてつけています。

azumaushi.wixsite.com/line1

画像の説明文