読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しいソリューションの探求

十分な副収入を得たいと考えている人に、十分な情報をシェアしていくサイトです。

画像の説明文

質って何なの????

ふと思いました。

 

質が高いとか質が低いっていうけど、

 

じゃあ質って何?

 

と。。

 

 

 

 

例えばの話。

 

僕らが食材を買う時、腐っていないとか、新鮮なものを見つけた時、質の高い食材というだろうし、

 

僕らの睡眠においては、1時間単位における休息力なんてものが質の高さを表すと思う。

 

また、勉強の質とは、1時間の勉強に対して学びが非常に多かった時、質の高い勉強をしたというと思う。

 

 

 

 

それはいいよね?たぶん。

 

 

 

 

だから質っていうのは、なんていうか。。濃縮!そう!!濃縮しているイメージだと思うし、新鮮なイメージがあると思うのね。

 

 

 

つまり、質とは"新鮮さ"と"濃縮具合"によって決まる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

 

 

なーんて言っちゃってもいいと思うんだ!

 

 

 

じゃあですよ?

 

 

 

 

普段から色々な情報にアンテナを利かせている僕からすると、「情報における質」ってなんだろ〜?

ってなるわけですよ。

 

 

 

ていうことで考えてみたんです。

 

 

 

 

質の高い情報って?

 

クオリティの高い情報って?

 

と考えてみたんです。

 

 

 

ですが、やっぱり行きつくのは一緒だったんですよね。

 

 

 

 

新鮮さと濃縮。

 

 

 

はい、

きました。

今回のキーワード。(要メモ)

 

 

 

新鮮な情報。そして濃縮された情報。

 

 

 

これが質の高い情報だなーって。

思ったんですよね。

 

 

 

SNSでも、なんでもない投稿ってされていると思うんですけど、ひときわ目立つ投稿っていうのは質が高い。

 

 

流行りに関する新鮮な投稿だったり、その投稿を読むことによって学びや気づきが促される濃縮荒れた投稿だったり。。

 

 

 

 

質の高い投稿って目立つんですよね。

 

そんな投稿は新鮮だし濃縮されてる。

 

 

 

もしもあなたが情報発信者なら新鮮さと濃縮はバチコンとくるキーワードだし、これからインターネットビジネスをバチコンかましたい人にとっても重要なキーワード。

 

 

なぜなら、新鮮な情報や濃縮された情報を摂取していくことが発展への道だから。

 

 

 

古い情報に未来はあるか?

 

と聞かれたらあるっちゃありますが、新鮮な情報の方が未来はあると思います。

 

 

 

 

それに薄っぺらい情報から何かを学べるか?

 

と聞かれたら学べるっちゃ学べますが、濃縮された情報から学ばない理由はありません。

 

 

 

そして学んで成長を決意したものだけが淘汰されずに生き残っていきます。

 

 

 

 

ただでさえ、発展途上国が先進国入りして日本は経済的下降ステップを踏んでいるというのに、安心、平和ボケした日本人が自分で稼ぐ意識すら持たせてくれないように教育した日本のシステムは非常にかわいそうだと思います。

 

 

 

 

もちろん、日本のようにおもてなしの文化を生んだ日本の教育は素晴らしいと思いますよ?

 

すごいと思いますよ?

 

 

 

僕は海外に行ったことはないですが、日本のサービスってヤッッパすごいんだろうなーって思いますよ?笑

 

 

 

でも、海外が先進国してくる以上、危機感はある程度持って生活していかないといけないわけです。

 

 

会社も普通に倒産してきますし、安定なんてないわけです。

 

 

そんな中でいかに稼いで生きていくかを選択しないといけないわけです。

 

 

 

 

 

そのまま会社で過ごすのか?

 

自分で稼ぐ力をつけるのか?

 

 

 

 

それも質の高い情報を取ることで見えてくるものがあります。

 

 

 

質の高い情報とは新鮮さと濃縮を兼ね備えた情報。

 

 

 

そんな情報を摂取していれば、先見の明が身についてきます。

 

 

 

 

先が見えれば経済的な予想もできるようになりますよね?

 

 

 

 

これからの選択も寸分の狂いもなく正しく出来る。

 

とは言いませんが、極力正しい選択に近づけることができますよね。

 

 

なので、質の高い情報を摂取していきましょう。

 

 

では今日はこの辺で!

画像の説明文