日本にティアハイムを

動物と幸せに共存するための情報を集めています。

ペットビジネスの闇とは?


ペットビジネスの闇。 引き取り屋  ペットショップ根絶を願う。

 

 

内容

・ペットビジネスの闇とは?
・もはや日本のペットはコンビニの食品と同じ扱い
・ペットショップがむやみに保健所に持ち込めなくなった引き取り屋
・繁殖できなくなった犬を引き取る
・違法ではない
・問題は飼育環境が劣悪な環境においている業者もいること
2013年の動物愛護法
・自治体がペットショップの犬の引き取りを拒否できるようになった
・アメリカでは、動物を大切にしているNPO団体がペットショップに乗り込んで証拠を押さえ告発している背景がある
・本当に大事なのは一人一人の意識

 

感想

2013年の動物愛護法の改正により、

ペットショップやブリーダーがむやみに保健所に

動物を持ち込めなくなり、

 

そこで「引き取り屋」というビジネスが

より活発になりやすい状態になっているということですね。

 

引き取り屋さんがビジネスとしてやっていることが

問題なのではなく、

 

引き取った業者が劣悪な環境で飼育しているk10。

 

引き取り屋さんが行き先のない動物を引き取ったとしても、

劣悪な環境で飼育しているようでは動物がかわいそうなことに

変わりはない。

 

もちろん、殺処分から救った。

という点では素晴らしい。

 

が、生きていても檻にずっと入れられ、ダニだらけで

病気にもなってしまい、身体中痒くて

散歩もろくにしてくれない状況だったら

生きていても楽しくないだろう。

 

ひょっとしたら安楽死させたほうが

良かったと考えることもできるだろう。

 

そう考えると、

ドイツのティアハイムは最強。

 

ドッグラン施設もあるし、

しっかり散歩も世話してるということだし、

施設内に病院はあるし、

それだけ大切にしているから

引き取り手も現れるし。

 

そういう施設を作りたい!

 

日本に巨大なティアハイムを!